リーマンマイラーの食う寝る乗る

飛行機とホテルのステータス取得が趣味の20代サラリーマンのブログ。ANAとマリオット、SPGを中心にステータス修行の様子や飛行機、ホテルの搭乗記、宿泊記を紹介します。

MENU

房総半島で絶品浜焼き食べ放題からの地獄のぞき鋸山がおすすめ!電車でさっくと日帰り旅行だからお酒も存分楽しめます!

どうも、こんばんは!

リーマンマイラーのまーくんです。

 

本日は千葉県民であるリーマンマイラーが自信をもってお届けする、房総半島での絶品海鮮グルメと誰でも登れるけどインスタ映え必至の地獄のぞき日帰り旅行プランをご紹介したいと思います。

 

目次

 

電車と徒歩だけでアクセス可能

房総半島というと鴨川シーワールドマザー牧場東京ドイツ村を思い浮かべる人が多いということもあり車がなければアクセスが悪いと思う方が多いと思います。

でも、ご安心ください。

今回の旅の起点は多くの人がアクセスしやすいJR新宿駅から電車と徒歩だけでアクセスできるスポットのみご紹介します。

 

f:id:mileage-runner:20190720212517p:plain

 

 

旅のはじまり

新宿駅を出発する「特急新宿さざなみ」は土日の9:08発か朝のんびりの10:08発の2本がおすすめです。

新宿駅を出発して乗り換えなしの2時間弱内房の浜金谷に10:54、11:52にそれぞれ到着します。

 

f:id:mileage-runner:20190720213831p:plain

 

せっかくの休日で電車でのおでかけですので午前中からビールなり、チューハイなどお気に入りのお酒でで喉を潤せば、あっという間に房総の海の町「浜金谷」に到着です。

駅舎はこんな風情ある感じですが、ちゃんとSuicaは使えますよ!

 

f:id:mileage-runner:20190727012316p:plain


  

絶品浜焼きが食べ放題の「まるはま」

JR浜金谷駅から徒歩10分ほどで到着するTHE FISHというレストラン&マーケットプレイスの一角に浜焼き食べ放題の「まるはま」はあります。

 

営業時間:平日11:00~16:30 受付15:00まで
     土日祝11:00-17:30 受付16:00まで

定休日:木曜日

料金:個人利用 2,750円(90分)

   団体利用 2,500円(60分)→バス旅行、JRえきねっと等の個人利用を含む

予約:団体利用以外予約不可

 

f:id:mileage-runner:20190720225823p:plain

 

 

房総半島近海で獲れたさざえ、ホタテ、あわび、ホンビノス貝、えび、牡蠣などの浜焼きが食べ放題!

なお、刺身コーナーでオリジナル海鮮丼を作ったり、鍋に塩ダシとホンビノス貝やエビなどを入れてダシを取ったオリジナルラーメンなどを作ることができます!

飲み物は別料金になりますが、これを目の前にしてビールなしとはいきません。

アルコールが飲めるのは電車で来るからこその特権です!

なお、軍手があると便利ですので付近のセブンイレブンで購入することをおすすめします。

 

f:id:mileage-runner:20190720230436p:plain

 

 

ご紹介のお店

thefish.co.jp

 

 

地獄のぞきの鋸山へ

浜焼き食べ放題のまるはまから海沿いを歩き10分ほどで鋸山ロープウェイのりばに到着します。

片道4分のロープウェイで空中散歩を楽しんでいるとあっという間に鋸山の山頂付近に。

鋸山は標高330mの小さな山ですのでトレッキングシューズでなくても、スニーカーであれば問題ありません。

 

f:id:mileage-runner:20190720231333p:plain

 

 

ロープウェイで山頂付近に到着するといってもここからたくさんカロリー消費します。

なんせ、鋸山は見どころたくさん、たぶんすべてを回ろうと思うと軽く半日を要します。

程よくお酒も入っている方におすすめなのは山頂展望台から見る地獄のぞきとその途中にある百尺観音を見るショートコースです。

私も浜焼きで3杯くらいお酒を飲んだので山頂エリアだけで留めておきました。

 

f:id:mileage-runner:20190721073927p:plain

 

 

地獄のぞきはせり出した崖の上に狭い展望台が設けられています。

下を覗くと足がすくむような高さでまさに地獄にいるかのような気分が味わえます…

高所恐怖症でなくても怖いですので度胸試しにいかがでしょうか!?笑

 

f:id:mileage-runner:20190720231239p:plain

 

 

地獄のぞきからロープウェイまでの帰り道の途中に観光スポット「百尺観音」があります。

写真だといまいち大きさが伝わりませんが、かなり大きく山の上に作ったものとは思えません。

観音菩薩像は、航海、航空、陸上交通の安全を守るご本尊として崇めらているとのことで、リーマンマイラーの私にとって有難い存在であります。

心を落ち着けて今後の旅路の安全祈願をしてきました。

 

f:id:mileage-runner:20190802000934p:plain

 

 

帰途に着く

浜金谷駅から新宿駅に向かう特急列車は15時31分、または16時23分の2本になります。

それぞれ新宿駅には17時14分着、18時7分着になります。

日帰り旅行としてはちょうどいい時間ではないでしょうか?

 

f:id:mileage-runner:20190802004002p:plain

 

 

日帰り旅行の料金は

今回ご紹介した房総半島日帰りの旅にかかるお金はざっと1万円くらいです。

なお、特急は土日祝の1日2本しか出ていませんので平日であれば普通列車で行くことになります。

所要時間の差は約1時間ですので予算や旅の楽しみ方次第で選択しましょう。

いまなら超格安で行ける青春18きっぷもおすすめです!

 

特急新宿さざなみ利用

JR(往復特急自由席):6,568円

浜焼き食べ放題:2,750円

鋸山ロープウェイ往復:930円

鋸山日本寺拝観料:600円

合計:10,848円

 

普通列車利用

JR(往復特急自由席):3,888円

浜焼き食べ放題:2,750円

鋸山ロープウェイ往復:930円

鋸山日本寺拝観料:600円

合計:8,168円(青春18きっぷ:6650円)

 

まとめ

房総半島の内房にある浜金谷には、絶品の浜焼きが食べ放題の「まるはま」があり、千葉県民の中でも人気のお店となっています。

また、まるはまから徒歩10分ほどの鋸山は断崖絶壁の展望台が有名で、インスタ映えするような絶景スポットになっています。

山頂付近までロープウェイもありますので普段山登りをしない方でも登頂できますのでおすすめです。

(ただし、途中階段は相当数ありますので膝が笑うかもしれません…笑)

 

本日は県民おすすめの浜焼き食べ放題と断崖絶壁の鋸山についてご紹介しました。

それでは、また次回^^