リーマンマイラーの食う寝る乗る

飛行機とホテルのステータス取得が趣味の20代サラリーマンのブログ。ANAとマリオット、SPGを中心にステータス修行の様子や飛行機、ホテルの搭乗記、宿泊記を紹介します。

MENU

【衝撃!】航空会社を支えているのはどのクラス?F,C,PY,Y?路線によってこんなに違うのか!!

どうも、こんにちは!

リーマンマイラーこと、まーくんです。

今日はふとあることが気になったので調べてみました。

 

飛行機の国際線にはファーストクラス(F)、ビジネスクラス(C)、プレミアムエコノミー(PY)、エコノミークラス(Y)の4つのクラスがあるじゃないですか。

f:id:mileage-runner:20190107135619p:plain

 

そうです!

「ぶっちゃけ航空会社の収益を支えているのはどのクラス?」

 

という素朴な疑問です。

 

今回はANAさんで検証したいと思います。

 

目次

 

ガチバトルのスタートです!

f:id:mileage-runner:20190107143038p:plain

 

前提条件

◇往路は2019/4/1 帰国日は2019/4/4

◇飛行機は満席である

ANA公式HP上での最安運賃で計算する。

◇Super Valueは期間限定運賃のため除外する。

◇空席率によって変動するブッキングクラスを考慮しない

◇特典航空券の利用は0とする(すべて有償で売れたと仮定)

 

調査対象

距離別で代表的な路線を選び検証します。

長距離路線:ニューヨーク、フランクフルト

中距離路線:シンガポール、ホノルル

短距離路線:台北

 

ニューヨーク路線

便名:NH110

運行機材:Boeing 777-300ER

 

  座席数 金額 収益 収益の割合
F 8 ¥1,074,300 ¥8,594,400 15.0%
C 68 ¥500,800 ¥34,054,400 59.5%
PY 24 ¥195,000 ¥4,680,000 8.2%
Y 112 ¥100,900 ¥11,300,800 19.8%
合計 212    ¥58,629,600  

 

 f:id:mileage-runner:20190107165800p:plain

なんと収益の60%はビジネスクラスが貢献しています!

ファーストクラスと合わせると約75%

有償で上位クラスに搭乗している乗客のおかげでリーマンマイラーのような庶民もニューヨークへ行けそうです!

 

 

フランクフルト路線

便名:NH203

運行機材:Boeing 777-300ER

 

  座席数 金額 収益 収益の割合
F 8 ¥1,475,170 ¥11,801,360 20.6%
C 68 ¥467,670 ¥31,801,560 55.6%
PY 24 ¥262,170 ¥6,292,080 11.0%
Y 112 ¥65,170 ¥7,299,040 12.8%
合計 212   ¥57,194,040  

 

 f:id:mileage-runner:20190107165841p:plain

こちらも収益の半分以上はビジネスクラスが貢献しています。

ファーストクラスと合わせると約75%以上を占めます!

フランクフルトも有償で上位クラスに乗っている人様様です!

 

 

シンガポール路線

便名:NH843

運行機材:Boeing 787-900

 

  座席数 金額 収益 収益の割合
C 40 ¥194,670 ¥7,786,800 50.0%
PY 14 ¥94,170 ¥1,318,380 8.5%
Y 192 ¥33,670 ¥6,464,640 41.5%
合計 246    ¥15,569,820  

 

f:id:mileage-runner:20190107165858p:plain

おや、シンガポール路線になると様子が変わりました。

ビジネスクラスが収益の半分を占める一方、エコノミークラスが40%以上と大貢献! 

どちらがいなくても航空会社としては困ってしまいますね。

 

 

ハワイ路線

便名:NH184

運行機材:Boeing 787-900

  座席数 金額 収益 収益の割合
C 40 ¥116,040 ¥4,641,600 30.5%
PY 14 ¥91,040 ¥1,274,560 8.4%
Y 192 ¥48,540 ¥9,319,680 61.2%
合計 246    ¥15,235,840  

 

f:id:mileage-runner:20190107171156p:plain

ハワイ路線になるとさっきまで勢いが良かったビジネスクラスが30%と劣勢に。

エコノミークラスが収益の60%以上を占め、上位クラスよりも貢献するという結果になりました!

 

 

台北路線

便名:NH823

使用機材:Boeing 788-800

 

  座席数 金額 収益 収益の割合
C 42 ¥80,710 ¥3,389,820 40.4%
Y 198 ¥25,210 ¥4,991,580 59.6%
合計 240    ¥8,381,400  

 

f:id:mileage-runner:20190107212529p:plain

台湾路線でもエコノミークラスが収益の60%を占め、上位クラスよりも 航空会社への貢献度が大きい結果になりました!

 

 

考察

 

距離路線については、ファーストクラス、ビジネスクラスの単価が高いこともあり、航空会社の収益の大部分を占めていました。ニューヨーク、フランクフルトは共に欧米経済の中心ということもあり、ビジネスマンの上位クラス利用が中心だと想像できました。

 

距離路線では、観光客、ビジネスマン双方がいるシンガポール路線では収益はビジネスとエコノミーで半々な一方、観光客メインのハワイ路線ではビジネスクラスの単価が低めに設定されているため、収益源は圧倒的にエコノミークラスでした。

 

距離路線では、台湾をセレクトしたこともあり、こちらも観光客が多いことからビジネスクラスの単価が低めでエコノミークラスが航空会社の収益源となっていました。

 

回セレクトした路線では、ビジネスマン利用の多い上位クラスは単価が高く設定されており、観光客利用が多い上位クラスは単価が低めに設定されているため、収益源の軍配がビジネスとエコノミーで別れたのではないかと思いました。

 

今後、もう少し多くの路線を見てみるとさらに深堀りできるかなっと思いましたので今後時間のあるときに見ていけたらと思います。

本日は、「航空会社を支えているのはどのクラス?」というネタで書かせていただきました。

それでは、また次回^^